MENU

kke4_kCA7aNN3Cg1492497473_1492497557.gif

こんなことでお悩みではありませんか?

お尻から足全体的に痛みやしびれがある
座っている時やじっとしている時は痛みやしびれはない
立っている・歩いていると痛みやしびれがある
分離症やすべり症と診断されたことがある
歩き続けると痛みが出るが、座って休むと楽になる
腰を反ると痛みやしびれが増す

1つでも当てはまるならこのまま読み進めてください。

脊柱管狭窄症ってどんな病気?

背骨(脊柱)は、椎骨という骨が24個積み重なって、1本の柱のようになっています。

椎骨を横断面であらわすと、腹側の椎体と背側の椎弓の間は空洞になっています。

椎骨が24個積み重なっていくと、空洞の部分がつながって、トンネル状の管となります。この管が、脊柱管と呼ばれる部分で、脊髄神経の通り道になっています。

 

81.jpg

 

脊柱管狭窄症は、背骨の腰の部分にあたる腰椎部の脊柱管が狭くなり、狭窄されます。

その結果、脊柱管内の脊髄神経が圧迫されて、神経が損傷、炎症を起こし、坐骨神経痛や間欠はこうや腰の痛みが現れます。

60才以上の中高年の患者さんで「歩くと腰から下肢にかけて痛みが発生し、しばらく座っていると楽になってまた歩ける」坐骨神経痛の症状を訴える多くの方が脊柱管狭窄症と考えられます。 

脊柱菅狭窄症の原因

sekityuukankyousakushou.jpg

脊椎の椎体や椎弓の骨の変形でおこる場合
靭帯の肥厚により起こる場合
椎間板の膨隆や変性により起こる場合
背骨のゆがみや側湾によって起こる場合
腰椎すべり症により起こる場合
すべり症以外の脊椎の回旋や横方向のズレによりおこる場合
1~6までの原因が複合して起こる場合

1、脊椎の椎体や椎弓の骨の変形でおこる場合

若いうちにスポーツで無理をしたり、仕事や家事で無理な姿勢を続けていたりすると、年をとってから骨が変形することがあります。椎体や椎弓からトゲのように骨が出ているのがレントゲンで確認できます。(これを骨棘と言います)

 

2、靭帯の肥厚によりおこる場合

若いころから姿勢が悪かったり、運動不足で関節が固いと関節についている靭帯の肥厚でおこる場合があります。

 

3、椎間板の変性によりおこる場合

60才位までは、椎間板の水分の含有率が高く、ゼリー状のため、ヘルニアのように外に飛び出しやすいのですが、60才を過ぎてくると水分の含有率は低下して固くなり飛び出にくくなります。

そのかわりに、固くなった椎間板は組織が変性しやすくなり、形が変わることにより、神経を圧迫することがあります。

 

4、背骨のゆがみや側湾によっておこる場合

猫背や反り腰、ストレートネックなどの背骨のゆがみは、脊柱管を狭めます。脳から仙骨、尾骨まで、背骨の脊柱管は1本の管になって脳から足の先端まで、神経の情報を伝えます。

それが途中で曲がっていたり、側湾症で全体が曲がっていると当然、脊柱管は狭まり、神経を圧迫します。

 

5、すべり症によりおこる場合

若いときに、激しいスポーツや椎弓を骨折し分離した椎骨がすべり症になったり、加齢で椎間関節が変性してすべる、変性すべり症があります。すべり症は、上下の椎骨の位置関係に異常をきたすため、結果的に脊柱管が狭まり、脊柱管狭窄症を引き起こします。

 

6、すべり症以外の脊椎の回旋や横方向のズレによりおこる場合

脊椎はすべり症のように、前後にずれる場合がありますが、それ以外にも横方向や、右回旋、左回旋でズレることがあります。

その場合も同じように脊柱管が狭まり、脊柱管狭窄症を引き起こします。

 

7、1~6までの原因が複合しておこる場合

1~6、それぞれの原因が複数おきて脊柱管狭窄症を引き起こすことがあります。1~6はすべて若い時におこることもありますが、圧倒的に加齢によっておこる場合が多く、50才を超えて坐骨神経痛が出た場合の40%は脊柱管狭窄症であるという調査結果があります。

70歳以上では、85%以上の方に脊柱管狭窄症があると言われています。

脊柱菅狭窄症の症状

代表的な症状は間欠性跛行です。

腰痛、腰まわりが重かったり、違和感、張り感があるなどに加えて、足の痺れや痛みがある。

普段はなんともないが、歩き出すと足が痺れて歩けなかったり、歩きにくくな間欠性跛行などの症状が代表的な症状です。

 

その症状は、太ももからふくらはぎ、足の裏などに両側に出る場合や、片側だけに出る場合があります。

足先が持ち上がらない、階段や段差でつまずく、スリッパが脱げやすかったり、履きにくいなどがあります。

 

排尿障害さらに症状が悪化すると、歩行時に尿意を催すなどの排尿障害や便秘、絵陰部に灼熱感などの症状が起こってきます。

足の症状だけで腰痛は全くない場合もあります。kaidan_taihen_ojiisan.png

 

脊柱管狭窄症の患者さんに共通する症状として、歩行を続けたり、じっと立っているとだんだん痛くなります。

かがんだり、イスに座って腰を丸めると楽になるというものがあります。

これは腰を反らした状態だと脊柱管が狭まりやすいためで、腰を丸めた状態だと脊柱管が広がりやすく楽になります。

 

したがって、前かがみで乗る自転車はまったく痛みの出ない方がほとんどです。

また、スーパーの買い物用のカートなどを押していると体が少し前かがみになるため、楽に歩ける方が多いです。

自転車で移動すればあまり問題がないため、受診が遅れる場合がありますが、20分以上歩けなければ、かなり症状は進行していますので、早期に治療や対策をとることがおススメです。

 

また座っていれば痛くないので、軽く考えて、そのうち症状が改善すると思う方もいらっしゃいますが、歩かないと、ますます筋肉が衰えて血流も悪くなり、症状は悪化しますので、注意してください。

 

間欠性跛行の特徴

間欠性跛行には、脊柱管狭窄症で起こる神経性の原因によるものと、血管性の原因で起こるものがあります。

血管性で起こるものの代表は、閉塞性動脈硬化症です。

 

これは、動脈硬化によって脚の血流が悪くなるもので、血流の障害によって脚の痺れや痛み、足がつるなどが起きるものです。

脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違いは、歩いていて痛みが出た時に、閉塞性動脈硬化症の場合は立ったままでも休んでいれば楽になることです。

脊柱管狭窄症は姿勢に関係しますので、腰を前かがみにして休まないと楽になりません。

また、自転車は長く乗っても症状は出ませんが、閉塞性動脈硬化症は自転車に長く乗ると血流が悪いので痛みやひきつりが発生します。

腰部脊柱菅狭窄症の3つの分類

脊柱管の腰椎1番から下の部分は、脊髄が細かく枝分かれして「馬毛」と呼ばれます。

細く分かれた神経が馬のしっぽのように集まっていることから、この名前が付けられました。
馬尾の神経は、1本ずつ分かれて、椎骨と椎骨の隙間から出ています。
椎骨から外に出ていく神経の根本の部分を「神経根」と言います。

腰部脊柱管狭窄症はどの神経が圧迫されるかによって、次の3つに分けられます。

 

1:神経根型

2神経根型
神経根が圧迫されるタイプです。
多くは左右どちらかが圧迫され、片方の脚に痛みや痺れが出ますが、両側が圧迫されるケースもあります。

 

2:馬尾型

2馬尾型
神経の束である馬尾が圧迫されるタイプです。
多数の神経が影響を受けるので、神経根型よりも様々な症状が出やすく、出る範囲も広くなります。
両側に症状が出て、痛みや痺れ以外に、脚の筋力低下や感覚の異常・膀胱や直腸への神経の障害が起こり、排尿や排便のコントロールがうまくできなくなる事があります。

 

3:混合型

2混合型
神経根と馬尾の両方が圧迫されるタイプです。
両方の症状が現れます。

脊柱菅狭窄症の対策

冷やさないようにする。上手に温める。

脊柱管狭窄症の痛み・痺れは慢性的な痛みや痺れですので、冷やすと症状は悪化します。
下着や衣服、暖房をうまく使って、冷やさないようにしてください。
カイロを使って温めるのもよい方法です。

furo_man.png

立っている時の姿勢に気をつける。

立っている時に、お腹が出ていたりすると、反り腰になり、余計に痛くなります。
お腹を少し引っ込めるようにして、腰が反らないようにしましょう。
shisei_woman_good.png 

調子の良いときは、しっかり運動。悪いときは運動を控える

調子の良いときは、神経の圧迫が少ないときですので、しっかり運動をしてください。
逆に、調子の悪いときは神経を強く圧迫しているときなので無理をすると、神経を損傷させて悪化させる危険性があります。
sport_walking_woman.png 

腹筋を鍛えましょう。

腹筋が強くなると、腹圧が上がり、腰椎を保護してくれます。
逆に、腹筋が弱くなると腹圧が下がり、腰椎の負担が大きくなり、脊柱管狭窄症になったり、悪化させるリスクを高めます。
当院では、息を吐きながら5秒間かけて徐々にお腹を引っ込めるトレーニングをおススメしています。
fukkin_man.png

村上接骨院の脊柱菅狭窄症治療について

反り腰を起こしている体幹のインナーマッスルの短縮を緩めます。
腰部脊柱管狭窄症の人には反り腰姿勢の人が多い傾向にあります。その原因となるのはお腹の奥にある体幹のインナーマッスル(特に腸腰筋という筋肉)の短縮です。腸腰筋が短縮すると腰椎(腰の骨)が前方に引っ張られて反り腰を作ってしまい、その結果脊柱管が狭くなり脊柱菅狭窄症になるのです。腸腰筋を緩めて反り腰を少しでも解除することで症状を軽減します。
28680.jpg 
硬くて動きが悪くなっている腰椎や骨盤の動きを取り戻して脊柱管の可動性を高めます。
年齢により腰椎(腰の骨)や骨盤の関節の間が狭くなり、動きが悪くなります。中には詰まりが強ずぎて腰の動きがほとんど無い人もいらっしゃいます。当院ではAKA(関節運動学的アプローチ)という手技を用いて、この詰まって動きが悪くなっている腰椎や骨盤の関節の可動性を取り戻して腰椎や骨盤にかかる負担を軽減します。
AKA3.png 
内転筋や骨盤の靭帯を緩めて間欠性跛行を起こす原因を取り除くきます。
間欠性跛行を起こしている原因は腰椎の詰まりだけではありません。内転筋(内ももの筋肉)の硬さや骨場に付着する仙結節靭帯という靭帯の硬さが原因で足への血流が妨げられて間欠性跛行になるケースも少なくないのです。当院では内転筋や仙結節靭帯に個別にアプローチすることで間欠性跛行からの改善を図ります。
sport_walking_oldwoman.png 
姿勢の指導やセルフケアを指導して、痛みを起こさない身体作りをお手伝いします。
患者様一人ひとりの症状や痛みの強さ、骨格の歪み具合を判断して、適切なセルフケアと姿勢や歩行時の指導を行います。
日常生活から見直してもらい、痛みの出ない身体作りを施術以外でもお手伝いさせて頂きます。
2014-12-11 10.41.02.jpg

楽しい生活を遅れる身体を取り戻す事が出来た! 

川越市 E・K さま

どのような理由で当院に来院されましたか?
16年以上の腰痛と足のしびれがあり、病院では最後には歩くことも出来なくなりますと言われて何の治療も出来ない状態でした。チラシを見つけて藁をもつかむ思いで電話しました。
施術を受けてみてどうでしたか?
治療を受けるたびに良くなっていくので嬉しかったのど同時に今まで通っていた整骨院では全然良くならなかった事が思い出されました。本当に村上接骨院で治療を受けて良かったと思っています。。
他院との違いなどあればお願いします。
整形外科や整骨院にも行きましたが、全然違いました。軽い刺激なのですが、後からじわじわ効いてくる感じがあり、気づいたら症状が無くなったり、軽くなっていたりしました。
同じような症状で悩んでいる方に、メッセージがあれば一言お願いします。
どうぞこちらの接骨院を信じてキチンを治療を受けて下さい。必ず楽しい生活を遅れる身体を取り戻しす事が出来ると思います。

※個人の感想であり成果や成功を保証するものではありません。

1時間以上歩いても大丈夫になりました!

ふじみ野市 T・M さま

どのような理由で当院に来院されましたか?
脊柱菅狭窄症と病院で言われて薬を飲んでいたが、一向に良くならず、歩行での痛みがひどくなってきたので、家族がここを探してくれて評判が良いというので来た。
施術を受けてみてどうでしたか?
問診を時間をかけてやってくれたので自分の症状に対する理解が出来たのは良かった。自宅でのセルフケアも教えてくれたので、徐々に歩いても痛くない距離が増えてきて、最近では1時間以上歩いても痛くなくなった。
他院との違いなどあればお願いします。
自分の症状がなぜ起こってるのかをしっかりと説明してくれて、それに対してどのように治療をするかの方針も理解できた。治療は本当にこんな軽い刺激で大丈夫なのというくらいでしたが痛みがやわらいて、ほとんど感じなくなった。
同じような症状で悩んでいる方に、メッセージがあれば一言お願いします。
ここなら必ず治るという希望が持てます。1度治療を受けて下さい。

※個人の感想であり成果や成功を保証するものではありません。

1日も早く来院することをお勧めします!

川越市 N・K さま

どのような理由で当院に来院されましたか?
左腰や足の痺れがあり脊柱菅狭窄症と病院で言われた。他の病院に行っても良くならず、仕事中も痛みがあり、いろいろインターネットで調べていた。ユーチューブの動画を見て、自分に合っていると思った。
施術を受けてみてどうでしたか?
1度、2度と通院する度に痛みがなくなって、4度目からは全く痛みやしびれも消えてしまった。
他院との違いなどあればお願いします。
他の所とは治療法も違って痛みもなく、いろいろ説明してくださるので安心出来る治療院です。
同じような症状で悩んでいる方に、メッセージがあれば一言お願いします。
痛みでつらい思いが無くなりますので1日も早く来院されることをお勧めします。

※個人の感想であり成果や成功を保証するものではありません。

あなたはこんなことありませんか?

 

もう痛み止めやシップでのその場しのぎはイヤだ!
根本的にきちんとよくしたい!
手術を進められたが、できれば手術せずに治したい!
もう治療院めぐりは終わりにしたい!

という方は一度、当院にご相談ください。

 

わたし(院長)の想い

わたし(院長)も過去に坐骨神経痛になり、ソファに座っている時や電車に乗っているのも苦痛なときがありました。

病院に行ってもシップを出されるだけで全くよくならず、そのとき、私は「この痛みさえなければ」と心の底から思いました。

「絶対に自分と同じような思いをして欲しくない!」自分が治療家になって「この痛みさえなければ」と悩んでいる人をなくしたい!この強い想いが今の私の原動力となっています。

 

おかげ様で、今は腰痛、坐骨神経痛も克服しています。
たった数回の整体で、身体の変化を感じてもらうことには自信がありますので、痛みに関する事なら何でもご相談ください。

そして、痛みを改善するだけではなく、あきらめていたことが、またできるようになる治療院です。

「こんなちょっとしたことで良くなるなら、もっと早く来ればよかったです」こんな声で多くの方に喜ばれています。

あきらめないでください!!あなたの痛みは、きっとよくなります。
あなたのご来院を心からお待ちしております。

 

resize.jpg


netto.jpg

『ホームページを見た!』

と言った方には

通常10000円の

初回施術料が2980円

(初回限定、1日1名のみ)

さらに

インナーマッスルトレーニング

マシン『楽トレ』を

無料で体験できます。

→整体料金ページ

当院について

こんにちは

柔道整復師を志して以来、痛みを取ることを真剣に考えてきました。痛みで歩けない、日常生活に支障があるといった方たちに少しでも早く痛みのない社会生活が送れるように微力ながら手助けできればと思っています。

まだまだ、すべての患者様のご期待に沿えることは出来ませんが、この仕事をしている間は一生勉強だと思い、日々研鑽していきます。
これからも患者様の笑顔の為に全力を尽くします。

院長 村上由昭

会社情報

電話番号 049-227-3533

所在地 埼玉県川越市砂新田2-19-8 リバプールN.1F

最新記事

アーカイブ

2017

村上整体院


© 2017 川越市・ふじみ野市の整体なら座骨神経痛・足のしびれ専門の 村上接骨院 All rights reserved.